CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

I can 挿し木.

皆さんどうも。
鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。

暑い毎日が続きますが、植物たちは僕に気を使うことなくゴクゴクと水を吸い、ぐんぐんと伸びていきます。それはもうぐんぐんと。

その中でも1番伸びたのがこのお方です。

ガジュマルの「富太郎」さんです。

この子と僕はとても仲良し。一緒にテレビを見たり、夜更かしに付き合ってもらったりしています。

ガジュマルの挿し木で盆栽を作ってみようと思い、わざと徒長気味にさせていました。

茎が長いほうが出てくる根の本数が多くなるので、はやく大きくなるような気がします。

それでは切っていきます。

切ったらすぐに水に浸ける!

ガジュマルはフィカス属(日本ではイチジク属)なので、ゴムの木の仲間になります。

そのため剪定の際には、乳白色の樹液が出てきます。僕は痛くも痒くもありませんが、肌の弱い方は触らないように気をつけてね。

こんな風に樹液で水が汚れます。樹液が乾くと水を吸えなくなるので、しっかりと洗い流してあげようね!

あとは葉の枚数を調整します。今の時期だと3枚くらいが妥当ですね。葉の枚数調整は奥が深い...。深すぎるよ...。

そして水切りをして、しばらく水を吸わせます。

今回はこのトレーを使います。このままでは植え替えの際に苦労するので、

こんな風に1鉢ずつに切り取ったものを重ねています。これがすごい便利なんです。

今回使うのはこの土。乾きやすい土にしてみました。

赤玉土(小粒)2.5:腐葉土2.5:ボラ土(小粒)5

真夏なので、少し保水性を持たせるために腐葉土を加えました。ボラ土は根の分岐を増やすために入れてみました。

あとは水遣りの回数を少なめにして、根の成長を早めます。

数日間は日陰で管理します。今の時期、ガジュマルの成長はものすごく早いので楽しみです。手をかければかけるほど綺麗に育ってくれるので頑張りますよ!

富太郎さんもゆっくり休んでね。



⬇︎ボタンを押してこのブログを応援!
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村