CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

これからはナスを飼う時代

みなさんどうも。
鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。


みなさん突然ですが、
ペットと言われると何を思い浮かべますか?


犬・猫・ハムスター・インコ
カメ・ウサギ・ハリネズミなどが人気ですよね。


彼らが人気なのは分かります。
めちゃくちゃ可愛いですもん。


しかし、意外と手がかかります。

僕も今までいろんな生き物を飼ってきましたが、
数が多くなると世話だけで休日が潰れてしまいます。


そんな中、
僕がオススメするペットがこちら。




ナスです。
とても可愛いですよね。

異論は認めません。


「どうして?」という声が聞こえてきそうなので、
僕がナスをオススメする理由をまとめてみました。

①めっちゃ可愛い

他の野菜は緑色のものが多い中、
ナスは茎や葉脈がムラサキ色をしています。
その毒々しさが可愛くて堪りませんね。

②意外と手がかかる

野菜の中でもナスは病気になりやすく、
こまめな手入れや毎日の観察が欠かせません。

水をやるだけでスクスク成長するよりも、
ちょっとくらい手間がかかる方が愛着が湧きます。

③剪定にも耐えれる

畑で育てるイメージが強いナスですが、
鉢で育てた方が可愛がりやすいと思います。
その場合は剪定が重要な作業になってきます。
というか剪定した方が可愛くなります。

④実は多年草

驚いた事にナスは多年草なんです。
冬場に室内に取り込んであげれば、
来年もスクスクと元気に成長してくれます。



というわけで、
可愛くて長生きしてナスが収穫できるのです。

かつてこんなに優れたペットがいたでしょうか。


疲れて家に帰ると、ナスが出迎えてくれる。
暑い夏の日には、一緒に水遊びをする。
冬場には部屋に取り込むので、一緒に寝れる。

最高じゃないですか!?

この記事によって全国でナスブームが到来。
2020年頃には飼育数がネコを上回るでしょう。



というわけで、
お子さんが「ペットを飼いたい」と言ったら、
ホームセンターでナスの苗木を買ってあげましょう。

散歩に行く必要もなく、
ワクチンを打つ必要もない。
無駄吠えもしないし、
餌代もほとんどかかりません。

思い切って飼い始めてみてはどうでしょうか。

毎日きちんと手入れをすれば、
きっとあなたの期待に応えてくれますよ。


僕は本気です。



「くだらないけど、嫌いじゃないよ。」
という方は下のボタンを押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村