CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

アサガオ氏、ついに開花。

みなさんどうも。
鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。

突然ですが、この写真を見てください。

もうアサガオが咲いてしまいました(汗)


しかもこの子は西洋朝顔
ヴェニスピンク」という品種です。


日本アサガオの見頃が7〜8月なのに対し、
西洋アサガオの見頃は10月と言われています。


つまり、西洋アサガオの開花時期は、
日本アサガオと比べて随分と遅いため、
こんなに早く咲くのは珍しいのです(多分)。



どうして早く咲いたのか考えてみよう

①種からではなくて、苗を購入したため。

僕はこれが一番の原因かなと考えています。
温室なので種を蒔く時期が早いため、
結果的に通常よりも早く咲くのかなと思います。



②小さめの鉢で育てているため。
5号鉢で育てるのが一般的なようですが、
我が家では3号のプラ鉢で育てています。

小さい鉢で育てると根が詰まり、
植物が「もう死ぬかも」と思い、
子孫を残そうと花を咲かせるということです。

しかし、
植え替えから2週間しか経っていないので、
まだ根が詰まっているとは考えにくいですね。



③乾燥気味に管理したため。
アサガオは夜間にツルを伸ばすため、
夜に水が残っていると徒長の原因になる」

と聞いたので、
水遣りは朝に一度だけにしていました。
この場合も小さい鉢で育てるときと同じで、
ストレスで花が咲きやすくなると言われています。



④夜でも門灯で明るかった。
アサガオは短日性植物といって、
夜の時間が長くなると開花する植物です。

そのため街灯や部屋の明かりなどが、
開花の邪魔をすることがよくあります。

しかし我が家では玄関で育てているため、
門灯によって、一晩中照らされています。

もうアサガオの気が狂ったとしか思えません。

【結論】

小さい鉢で育てられたり乾燥気味に管理されるなど、
度重なるストレスによって気が狂い、
通常よりも早く開花した。


という馬鹿みたいな結論になりました。


下のボタンを押して!お願い!
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村