CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

ジニアを蒔く

どうも。鴎(かもめ)です。

突然ですがみなさん、
春といえば何を思い浮かべますか?

入学式?

新生活?

いやいや、もちろんジニアの種まきですよね。

今回蒔くのは「ジニア・ファンシーランド」です。

直訳すると「幻想の国」。すごくいいと思います。


ジニアは、花期が長いため「百日草」と呼ばれまれていますが、余裕で100日以上咲き続ける、ウルトラスーパー優秀植物です。

本当は先週に蒔く予定だったのですが、すっかり忘れていました。僕のうっかりさん!てヘぺろ!

それでは開けてみよう!

やっぱりジニアの種は丁度いいサイズですね〜。
小さ過ぎずとても蒔きやすい種です。

他の植物は鉢にばら蒔きするのですが、
今回はしっかりと育苗トレーに播いてあげます。

ジニアは一年草なので、どれだけ早く元気に育てれるかにかかっていますからね。

使う土は「ココヤシピート的なもの」です。種まきに使えそうな土はこれしかありませんでした...。多分ココヤシピートだと思います。

それでは気を取り直して、ジニアの種を蒔いていきましょう!

なんとなくそれっぽさを出すために、ピンセットで丁寧に蒔いていきます。

とりあえず12粒蒔きました。
10個発芽すれば良い方なのかな?
まあ僕は全て発芽させますけど。(ドヤ顔)

残りの種は、もう少ししてから別の方法で蒔いてみようかなと思っています。

うっすらと土をかけて、底面給水にしたら完成です。今回は野外管理にしてみました。やっぱり外で育てた方が元気に育ちますからね。

ということで自分的には、六月までには花を咲かせたいなぁと思っています。もちろん交配もする予定です。

それじゃあ、楽しみにしててくださいね!



ランキングに参加しています。もし宜しければ、一日一回だけで良いので、下のボタンを押して頂けると嬉し過ぎます。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村