CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

こちれどん!

こんばんは。鴎です。

突然ですがこれな〜んだ!?

みなさんお分かりでしょうか。

分かったという方はぜひ僕とお友達になりましょう。
分からないという方もぜひ僕とお友達になりましょう。

正解はコチレドン属の「福娘でした!
多肉植物の中ではマイナーな部類になるんですかね。

家族がお土産として買ってきてくれました。

ご丁寧に梱包までされています。
安いからついつい買ってしまいますが、
お店側からしてみれば梱包しづらいですよね...。


袋には説明書まで入っていました。

かなりザックリとした説明ですが、
植物への愛がしっかりと感じられますね〜。

今度は自分の足で行ってみようかな。


今回お迎えした福姫ですが、
少々傷んでいるので植え替えようと思います。

このまま育てても問題ありませんが、一寸鉢の株は根が少ないことが多いため、通気性の良い土に植え替えて、根の成長を促そうという事です。

それではさっそく引き抜いてみましょうか。

思っていた通りに根は少なそうですね。
根の状態を確認するため、土を落としてみます。

うわぁお!!少な〜い!!

コチレドンは葉挿しが難しいため、
基本的に挿し芽で増やすことが多いようです。

僕も何度か葉挿しをしたことがあるのですが、
葉が黒く腐るってしまう事が多かった気がします。

それにしても根が少ないですね。
とりあえず植え替えてみましょうか。

今回使用する土は、
腐葉土とボラ土を混ぜ合わせたものです。

かなり雑な配合にみえますが、
最初の土よりは通気性が良いでしょう。

はい。植え替えました。

今回は依然と同じ鉢に植え直しました。

根が思っていたより少なかったので、根腐れ徒長を防止するために鉢のサイズはそのままで良いと判断しました。

一寸鉢の株は育てにくいと言う方もいますが、しっかりと根を育ててから、少しずつ鉢のサイズを上げていくと育てやすいと思いますよ。

あとは水を遣ったら植え替え終了です。

粉が落ちていますね。
美しい株を育てようとすると、粉が落ちていないことが重要になってくるのですが、結構大変なんですよ。特に植え替えの時などは気を遣います。

だから僕は粉のない多肉の方が好きです。
(ただ自分の栽培スキルが低いだけ)

でも、株姿や葉先のラインが大好きなんだよなぁ。

出来るだけ粉を落とさないように育てていきたいと思います。しっかりと作られた株は美しいですもんね。



ボタンを押してこのブログを応援!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村