CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

KIWIをBOTTLEにINする。

おはようございます。鴎です。

突然ですがキウイの木を見たことがありますか?

僕は本物を見たことがないのですが、
キウイはどうやら盆栽に向いているようなのです。

僕が播かなきゃ誰が播くってんだい!!

ということで、
今回は「キウイの実生」に挑戦したいと思います。


今回用意したのは「ヘイワード」という品種です。

スーパーでよく見かける品種ですね。

他の品種も育て方は変わらないようですが、
品種登録されていない品種を選びましょうね。



それでは早速、種を採取していきましょう!

ザルに擦り付けるように洗うと速いようですが、
なんとなく愛が感じられないような気がしたので、
今回はピンセットでチマチマと採取していきますよ。

一粒の大きさは1ミリ程度でしょうか。
控えめに言ってキツイ。目から出血しそうです。


チマチマとつまみ続けること10分。
僕が発見した最も効率的なつまみ方がこちら。

ピンセットを逆にしてつまむです。

いや、一番良いのはザルに擦る方法なんですけどね。
素直にザルを使えば良かったと後悔しております。


その後の選別や洗浄を乗り越え、
生き残った種がこの子達になります。

形が変なものや、
水に浮いたものは取り除きました。

次に用意しなければならないのが種を播く場所です。

そこで用意したのがこちら。

播種ボトルです。

作り方は簡単です。

  1. しっかりと密閉できるボトルを用意する。
  2. よく洗う。
  3. 微塵を取り除いた土を入れて水で湿らせる。
  4. レンジでチンして殺菌。
  5. 冷蔵庫で常温になるまで冷やす。

という感じです。
結構簡単でしょそうでしょ。

それでは種を播いていきましょう。

はい!完成です!

播種はカビとの戦いなので、
写真を撮る暇などありませんでした。

あとは発芽して、
ある程度の大きさまで育ったら植え替え、
曲付けや剪定などの作業をしようと思います。

キウイは雌雄があるので、楽しみですね。


下のボタンを押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村