CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

新たな扉

こんばんは。鴎です。
今日はみんな大好きオキザリスについて紹介していきますよ。


なぜオキザリスかというと、
ちょっと品種改良に挑戦しようかと思っているのです。


そこで親株としてお迎えしたのがこの子たちです。


まずは「オキザリス・桃の輝き」です。

f:id:kamome-plants:20180131001925j:plain


冬咲きのオキザリスで、ピンク色の花を咲かせます。
どうやら交配種のようなので、種ができやすいかなと思い購入しました。


オキザリスについて、
ネットで一日中調べてみましたが、種ができる品種と出来ない品種の違いはよく分かりませんでした。
交配の仕方や、種まきの方法なども検索に引っかからず。
ビオラなどに比べると、圧倒的に情報が少ないですが、好きな花なので頑張ります。


f:id:kamome-plants:20180131003338j:plain

株が弱っているので、交配より回復を優先しようと思います。時期的なものかと思いましたが、今が最盛期ですので、ただ単に管理不足でしょう。



そして「オキザリスパルマピンク」です。

f:id:kamome-plants:20180131003722j:plain

恐ろしいほど花が咲きにくいなんて噂をよく聞きます。


植え替えると咲きにくくなるという方もいらっしゃいます。
ロゼットを楽しむか、花を咲かせるかのどちらか選ぶといった感じでしょうか。


f:id:kamome-plants:20180131004611j:plain


もちろん花は咲いていません。
というか花芽すら出てくる気配がありません。
うまい人は毎年咲かせるようですね...。すげぇ...。
まあ咲いたら交配に使おうと思います。


オキザリスは基本的に分球で増えるといわれていますが、日本に自生しているカタバミなどは種子繁殖も行うため、なんだかんだ交配できそうな気がします。


今考えているのは、カタバミと桃の輝きの組み合わせです。
カタバミは種ができやすいので、種子親として使えるのではないかという浅はかな考えです。常緑性になればいいなという期待も込めてます。
同じ球根植物で、品種改良が盛んなチューリップを参考にしようかなと考えています。


オキザリスは種苗登録されている品種がないようなので、自由に楽しめるのもいい点ですね。
とりあえず、株が回復したら掛け合わせてみようかと思います。



よかったら下のボタンを押してね。
ブログを更新する励みになります。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村