CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

植物散歩~春の訪れ~

こんにちは。鴎です。

今日は午前中が忙しく、ヘロッヘロに疲れたので、

息抜きも兼ねて、近所の公園まで写真を撮りに行ってきました。

 

 

着いてすぐに出会ったのはこの子です。

f:id:kamome-plants:20180121211705j:plain

シバザクラです。

パンジーやビオラではなく、あえて開花期の短いシバザクラを植える。

僕は、この公園のこういうところが大好きです。

 

そして、春の花の代表格「ナノハナ」さんが早くも登場。

f:id:kamome-plants:20180121220836j:plain

ナノハナは「セイヨウアブラナ」の別名という扱い。

そして、セイヨウという名の通り、彼はヨーロッパ出身の帰化植物です。

 

道を進んでいくと、民家の庭に「スイセン」が植えられていました。

撮っているときは気づきませんでしたが、この子は八重咲きですね。

すごーい!!きみは八重咲きのプランツなんだね!!

f:id:kamome-plants:20180121232156j:plain

ベンチが見えたので、少し休憩しようと近寄ってみたらこのザマよ。

何故かズコッ!!って感じになってました。

f:id:kamome-plants:20180121233751j:plain

植物の写真を撮っていたら、テントウムシがしゃしゃり出てきました。

f:id:kamome-plants:20180121234108j:plain

可愛いので連れて帰りたくなってしまいましたが、

サンバのリズムで踊りだしたら怖いので逃がしました。

 

桜の木には、毎度おなじみ「ウメノキゴケ」君がいました。

排気ガスなどに弱いため、環境指標生物に指定されているようです。

といっても、田舎では何処にでもいるのであまり実感が湧きません。

f:id:kamome-plants:20180121235241j:plain

名前に「ゴケ」とあるのに地衣類、

さらには「ウメノキゴケ」なのに梅以外にも着生したりと、色々とややこしい植物です。

でも僕はお前のこと嫌いじゃないよ。

 

猫達は、のんびりと日向ぼっこしていました。

f:id:kamome-plants:20180122000039j:plain

幸せそう。絶対に幸せ。

 

僕の好きな「ノキシノブ」もいました。

f:id:kamome-plants:20180122002411j:plain

しっかりとした環境で育てれば、驚くほど美しく輝きます。

それこそ「ジヤパニーズ・ビカクシダ」とか嘘つけば、

おしゃれな方々に高値で売れるんじゃないかな。

生産始めるか!(笑)

 

植物達は、春に向けて準備を始めているようです。

f:id:kamome-plants:20180122003421j:plain

春になれば、植物達の華やかな姿を見ることができますが、

冬の寒さに耐えているたくましい姿も見てあげてくださいね。