CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

葉挿し株の育成法を考える

こんにちは。鴎です。

先程、葉挿し株たちを観察していたのですが、
素晴らしいことに気付いてしまいました。

この秋麗を見てください。

ただの葉挿し株に見えますが、
横から見ると茎が一本しか無いのです。

気付いちゃった 気付いちゃった わーいわい。
綴化(てっか)ちゃんだよ。

..........................................................................................

綴化とは

ザックリと説明すると、
成長点(分裂組織)に異常が生じ、
見た目に変化が現れること。

..........................................................................................

しかしこの子は見ての通り、
まだ少ししか根が出ていません。

用土に問題があるのかなぁ。

よし!この子が今まで育ってきた環境を見てみよう!

育成環境をチェック

見ての通りダメダメです。

昔使っていた冷蔵庫のプレートに、
鹿沼土を敷き詰めて葉をばら撒いただけです。

もちろん鉢底に穴は空いていません。
こんな環境で育てていた僕はクズ人間です。

植え替えるついでに、根の状態を見てみましょう。

まずは「シルバークイーン」です。

いい感じに張っていますね。
今見るとめちゃくちゃ土が乾いてしまっています。
穴が無いことで水遣りが難しくなっていたのです。

そして「秋麗」です。

綴化株以外の成長は良好です。

まじかよ。
同じ日に発根したはずなのにこの差とは。



そして全て抜き終えました。

根が掴んでいた土は軽く振って落としました。
根が切れたら元も子もないですからね。

まずは何に植えるのか考えなければいけません。

とりあえず穴が空いているのが良いなぁ。
でも植木鉢だとふかすぎるんだよなぁ。

う〜ん。
う〜ん。



そうだ!!
ザルだ!!

バァァーーン!!
ザルは最高。

主に盆栽で使われるテクニックですが、
多肉植物でも使えるのではないでしょうか。
同じ植物だし。

まずは仕組みを簡単に説明しますね。

ザル育成法の仕組み

  1. 鉢よりも乾きやすいザルで肥料をバンバン与える。
  2. バンバン太り根張りも良くなる。

書くのが面倒なので、
もっと詳しく知りたい人は検索してください。

それでは植えていきましょう。

土の上に置いて手で押し込むという、
少々強引な方法で植えてみました。

植え替えたら水遣りですよね。

普通、多肉植物は今の時期に
植え替えや水遣りは控えた方が良いと言われますが、
葉挿ししてすぐは休眠しないような気がするので、
我が家では普通に行っています。真似しないように。


あとは液肥をたっぷりまぜた水を与えたら終了。

今度はもっとスカスカのザルを使ってみたい。
バンバン太ってほしいですね。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村