CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

我が家のサボテン

どうも鴎です。

みなさん台風対策は無事に済みましたでしょうか。
九州だから大丈夫だろうと思っていましたが、
急に風が強くなったので先程慌てて取り込みました。

さて、今回はサボテンの紹介です。
今まで多肉植物や観葉植物はご紹介してきましたが、
サボテンについては今回が初となりますね。
我が家にはサボテンは数える程しかいませんが、
その中でも特に思い入れがある子達を紹介します。

紅子町に似ていますが名前は不明です。
一年ほど前に近くのホームセンターで購入しました。
そんなに前に買ったにしては小さく感じますが、
枯れかけの状態からの回復に時間がかかりました。
頑張ってくれたので可愛くて仕方がありません。

上から見た姿も美しいですね。
フィボナッチがどーのこーの関係してるらしい?
数学って難しいですね。

次はこの子です。

金盛丸です。
四年ほど前に枯れかけの金盛丸を購入したのですが、
残念ながら復活させることが出来ませんでした。
とても悲しかったのでその子は土に埋葬しました。

そして四年経った今年の夏、
金盛丸を埋めた場所から子株が出てきました。
それがこの子です。
ちょっとした奇跡ですよね。
やっぱり植物は強く美しい。

最後はこの子。

銀手毬です。
一年程前に群生株を購入したのですが、
単体で育てるのが好きだからというお馬鹿な理由で、
家に帰ってすぐに子株を全て外してしまいました。

別に後悔はしていませんし、反省もしていません。

でも困ったことがあります。
この子だけ室内で育てているだけで、
庭では30株の銀手毬が元気に成長中です。
どうすればいいのでしょうか。

.................................................................................

今回紹介した子達はほんの一部ですので、
また今度の機会に他の子達を紹介したいと思います。

面白みのない記事ですが、
読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村