CRAZY植物記

変人と植物達が繰り広げる茶番劇!

植物の旅【地元の岩山編】

 

今回の植物の旅は地元のT山です。

 

 

標高は300m程度ですが、

今回の目的地はT山の肩の部分にある

岩山の部分なので、200m程度でしょうか。

 

f:id:kamome-plants:20170718220840j:image

 

岩山の部分です。

 

岩山の内部には小さな神社があります。

 

登るたびに御礼として

数百円を置いて帰るのですが、

次回登る際には無くなっているんですよね。

 

神社が手入れされている感じがしないので、

地元の子供達の

お小遣いにでもなっているのでしょうか。

 

数百円のために

200mを登る子供もいないと思いますが。

 

 

f:id:kamome-plants:20170718221308j:image

 

岩山の道です。

 

結構本格的な山に見えますが

山頂まで登っても300mと低山中の低山です。

 

f:id:kamome-plants:20170718221435j:image

 

この岩山部分は

適度な湿度があり風通しも良いため

シダや苔にとって住みやすい環境のよいです。

 

次に登ったときはシダ・苔の種類でも

数えてみようかと思っているところです。

 

 

f:id:kamome-plants:20170718221455j:image

 

多分この子もシダなんでしょうね。

 

シダが嫌いということではなく、

むしろ好きなのですが育てるのは苦手です。

 

それにしてもこのシダは肉厚で美しいですね。

 

葉の大きさは15cm程度と大きめです。

 

もうすこし小さければ

パルダリウムとかに使われてそうですね。

 

f:id:kamome-plants:20170718221545j:image

 

少し前の豪雨の影響でしょうか。

折れた枝が木に絡んで

宙吊り状態になっていました。

 

これはこれで幻想的で美しいですが、

他には大きな被害がなくて一安心です。

 

 

f:id:kamome-plants:20170718221610j:image

 

我が家のケルベロスもご機嫌のようです。

 

f:id:kamome-plants:20170718221628j:image

 

地元では桜の名所として有名で、

春の間のみ沢山の人が訪れます。

 

つまり春以外は人がほとんどいません。

 

そのため植物を眺めながら

ヨダレを垂らし放題なんですよねこれが。

 

来年の春は桜を見に来ようかな。